アベノミクスで住宅ローンに困る人が増えている

アベノミクスで住宅ローンに困る人が増えている

アベノミクスによって実際に住宅ローンの金利が変動し、返済に困る人が増えているとも言われているようです。任意売却を支援する団体などに相談する件数が増えており、今後住宅ローンが支払えないと考えている方は多いのかも知れません。今住宅は買いだと思っている方は、このような状況が出ていることを冷静に見てみることをおススメします。
住宅ローンの返済が難しくなっている人の割合で多いのが、変動金利で借りている人です。変動金利はリスクが高い事から、皆さん長期の固定金利で借りているだろうと思ったらそうでもなく、半数以上が変動金利なのだとか。このままだと更に住宅ローンの支払が難しくなる人も増えると予想されており、アベノミクスによって金利が更に上がれば困る人も出てくるのです。住宅を購入する際にあまりローンの事を調べずに買ってしまった場合の多くは、3年固定金利など短期間の固定金利を利用するケースが多いようです。その後は変動金利か、大幅に上がった金利で長期の固定金利を組み直さなければならなくなり、結局は変動金利のまま進めてしまうのです。そのような人がアベノミクスで金利の上昇が見られて、支払いが問題なく行えるとは考えにくいことでしょう。