アベノミクス金利上昇は嘘?

アベノミクス金利上昇は嘘?

アベノミクスで金利が上昇するという噂が出ていますが、これは本当なのでしょうか?実際に金利が上昇する傾向が見られた時期もあったのですが、最近の様子では更に下がってきているように思います。アベノミクスによって金利が大幅に上昇すると予想していた専門家も多かったのですが、もしかしたら単なる早とちりだったのかもしれませんね。
実際に調べてみると、アベノミクスでも当面は金利を一気に上げない方針となっているようです。2012年12月末には最低基準まで引き下げられており、1%以下は当たり前という自体になっています。中には0.6%くらいまで低迷している金利も見られています。フラット35も金利が下がっているようで、以前マスコミが騒いでいた金利が一気に上昇するという噂は嘘だったのか、疑いたくなってしまいます。
しかし、今現在は金利は下がっているものの、アベノミクスでも金利の上昇は多少は見られる可能性は出て来ているようです。短期的な目で見るのではなく、将来どのように経済が変わってくるかも見越さなければならなのでしょう。政府は今後しばらくは金利を低い基準のまま進める方針で行くようで、焦って金利の変動があると見込み借り換えや住宅の購入は行わなくても良いのかもしれません。